メインイメージ画像

店頭で買取を行う際に気を付けることについて

買取は店頭でもネットでも可能です。買取店の店頭において買取を受け付けてもらう方法は、数あるものの中でもベストで確実なものです。査定が目の前で行われることになるので、査定されるものが知らないところで破損してしまう場合もありませんし、査定結果で疑問なことがあればその場において聞いてみることができます。また、そんな場合は、買取額の交渉をして価格アップをすることも可能です。店頭に類似した中古品の販売があれば、売る場合の目安にもなります。

買取品質において安心で期待ができるこの方法の欠点は、その流れが煩雑なことです。

最初に商品を店舗に持ち込まなくてはいけないことが、理由の一端と見られます。小さい宝飾品ならば苦労もありませんが、大型家具やおもちゃなどは持ち運びにも不便ですし、本や服など一つ一つはそれほどの重量ではなくても、大量に持ち込むうえで嵩張ってしまう物もあります。店頭持参の前にうっかり落としたり、ぶつけたりしてしまうような場合があれば、それは買取の直前にして大きな減額につながり、後悔してもしきれない失敗といえます。

持ち運びが難しいという事は、持って帰るのが億劫になります。思った以上に安い価格にされても、もう持ち帰るのが苦痛で、しょうがないから売ってしまおうという決断に流されてしまうものなのです。他の買取店ならもう少し高く買い取ってもらえるのではないかという期待も、目の前の苦労に負けてしまう事がほとんどとなります。

また査定に時間がかかることがあるため、結果が出るまで暇になるという場合もあります。

土日や春休み、年末など、利用客が多くなりがちな時期は、可能な限り避けた方がスムーズにすみます。店頭での買取は、品数が少なめの方が手軽に行えます。一つずつの品物についての説明も細かく聞くことができますし、値段もわかりやすいです。本来、申し込みや連絡をしなくて良い手軽な手段が持ち込みですので、それを活かせる使い方を考えてみましょう。

更新情報